大阪・奈良の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾

お問い合わせは0120-55-5976

合格体験記(2015年度中学入試)

粘り強く耐えてこそ、成果が出る

吉江 芽依 さん(富雄南小卒)

奈良学園登美ヶ丘中入学

私がカンセミAXYに入塾したのは、小4の時で、3年間お世話になりました。

最初は授業のペースについていけなかったのですが、先生達が何度も解り易く教えて下さったおかげで徐々に慣れていき、少しずつ頭に入れられるようになりました。それでもやっぱり良い結果がでずに、なやんだり落ち込んだりしましたがそんな日々があってこその今の私だと思います。

特に、夏の合宿や越年特訓など、さらに勉強に力を入れて皆で頑張るイベントは大変でしたが、とても楽しく、心に残っています。

毎日塾に通い、大量の宿題とやり直しに追われ、時々、受験をやめたくなる時もありました。

そんな時、一番の支えになってくれたのは塾の仲間でした。時にはライバルとして競い合い、時には励まし合う仲間がいたからこそ受験は乗り越えられたのだと思います。

他にも毎日お弁当作りやお送り迎えをしてくれた両親、言葉に出さなくても私の気持ちを理解しそっと言葉をかけてくれる姉、先生など、私を支えてくれた人、本当にありがとうございました!

受験において大事なこと。それは、あきらめずに努力し続けることです。そこであきらめるのではなく、ねばり強く耐えてこそ、成果が出るのです。

だから、みなさんも自分を信じて全力で挑んでください。受験生皆の夢が叶うことを願っています。

 

 

目標に向かって努力し続けることの大切さ

當仲 花夏 さん(富雄北小卒)

育英西中入学

私は、育英西中高の立命館コースに行きたくて小学3年生の終わりにカンセミに入りました。その頃はまだ受験の大変さに気付かず、軽い気持ちでカンセミに通っていました。

5年生になってからは、4年生の時よりも授業量が増え宿題も多くなったので残って自習するようになりました。自習室で勉強する方が、分からない所はすぐに先生に聞ける事と、何より家で一人で勉強するより、同じ目標を持った仲間が一緒だと「私一人じゃないんだ、みんな頑張っているんだ。」と思え、心強かったです。自習ではまず直しから始めました。一時、直しをちゃんとせず、成績が下がった事があります。その時に直しの大切さがよく分かりました。

6年生になり、受験が近づいて来たと思うと焦りました。夏には合宿に行って、今までで一番勉強をしました。それから入試までは、授業が休みの日も自習しに行ったりと、ほぼ毎日カンセミに通っていました。

いよいよ入試本番になりドキドキしたけれど、今までカンセミで学んできた事を出し切り、合格できました。合格できたのは、私の力だけでなく、親身になって指導してくれたカンセミの先生方や、家族、一緒に頑張った仲間のおかげだと思います。

私にとってカンセミでの3年間は、勉強だけじゃなく、あきらめない事や、やりとげる事など、目標に向かって努力し続ける事の大切さを教えてもらい、成長できた、貴重な時間です。カンセミで学んだことを忘れず中学校で頑張ります。本当にカンセミに感謝しています。ありがとうございました。

 

 

カンセミの友達は仲間でもありライバルでもある

吉田 理彩子 さん(三碓小卒)

帝塚山中入学

私が塾に通い始めたときは5年生の2月でした。初めてカンセミの授業を受けたときはどきどきしましたが、先生は優しく友達は良い人ばかりだったのですぐになじめました。

通常授業では何度も復習テストをやりました。そしてまちがったところはやりなおすということをやると少しずつ力がついてきました。

夏休みになると合宿にいきました。分からないところはすぐに先生に聞いて分かるようにしました。夜おそくまで勉強をしまして、イヤだったりもしたけれどそれはそれで楽しかったです。違う教室の先生に授業をしてもらうのはすごくおもしろかったです。

私が一番がんばったのは越年特訓です。これではダメだと思い必死で勉強しました。はっきり言うとすごくつらかったです。でも夜になって友達と神社に行ってお参りをして息抜きもしました。

カンセミの友達は仲間でもあるけどライバルでもある。だから友達に負けないように一生懸命にがんばりました。

受験当日の朝は2日とも先生が応援にきてくださって緊張がほぐれました。問題をといているときは一度も鉛筆を止めませんでした。

合格発表も先生がきてくださいました。自分の番号があったときはすごくうれしかったです。

たった1年間の通塾生活で中学受験できただけでなく、かけがえのない友人ができ、2つのものを手にすることができました。