大阪・奈良の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾 成績向上、実力養成、志望校合格へ生徒個人のニーズに応じた指導体制

合格体験記

先生方を信じて最後まであきらめない!

萩原 佑季 さん(二名中卒)

萩原さん.jpg

 

平城高入学

育英西高(立命館)合格

大阪女学院高(英語科)合格                                                  

               

       

      

                    

                     

 合格発表で、自分の番号を見た時は本当に嬉しくて気づいたら涙がぼろぼろこぼれていました。あの感動は一生忘れないと思います。同時に、受験勉強を一生懸命、カンセミで頑張って良かったなと心から思いました。


 私は小学6年の冬期講習から、カンセミに入塾しました。Aクラスが私のスタート地点でした。そのころから志望校は平城高校でしたが、初めは全く届かない成績だったので正直行けないと思っていました。でも、あきらめかけた時に、私の背中を押してくださったのはカンセミの先生方でした。落ちこんでいる時には「大丈夫!」と励ましてくださったり、時には同じような間違いを何度もする私を厳しく叱ってくださったりといつも気にかけていただき、そのつど「頑張ろう!」とやる気を出すことができました。


 2年生は、私にとってとても大切な1年だったと思います。内申点が入ってくることもあり、私自身勉強はかなり頑張りました。その結果、自分でも驚くほど成績が上がり、少し志望校合格に近づけた気がしました。

 3年生になって、いよいよ本格的な受験勉強が始まりました。カンセミは行事が多く、勉強以外にも大切なことを学びました。特に夏合宿では友達もたくさん増えました。その時に同じ目標に向かって頑張れる仲間の大切さを改めて学びました。そして、合宿のメインイベントとも言える朝までみんなで勉強するというイベントでは、遅くまで私たち生徒と一緒に勉強につき合ってくださった先生方。この先生方と一緒なら、必ず志望校に合格できると確信しました。夏合宿を通して、私の勉強に対する気持ちが大きく変わりました。

 私立直前や公立直前でも、何度もくじけそうになり、あきらめようかと思うほどつらいこともありましたが、今思うとそう感じられるのは自分がその時に一生懸命頑張ったからだと思います。試験当日が近づくほど自分の苦手な教科の点数も下がっていき、正直焦っていましたが、そんな時こそやり直しをきちんとするべきなんだということも気づきました。

 受験当日に、朝はやくから来ていただいた先生を見て、不安も消え、安心して試験を受けたことを今でも覚えています。

 長々とお話ししましたが、私が言いたいことは、先生方を信じて最後まであきらめないこと、そして仲間を大切にすることです。私一人では絶対にこえられない大きな壁でした。全然だめだった私をここまで成長させてくださったり、何度も質問に答えてくださったりと、先生には感謝の気持ちでいっぱいです!本当にありがとうございました!!