大阪・奈良の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾 成績向上、実力養成、志望校合格へ生徒個人のニーズに応じた指導体制

合格体験記

先生や友達と一緒に過ごす時間は本当に楽しかった!

青山 蛍 さん(富雄南中卒)

青山さん.jpg

 

奈良高入学

帝塚山高(女子英数)合格 

大阪女学院高(普通科理系)合格

 

 

 

 

 私は中1の春からカンセミで勉強していましたが、正直、中2の2学期ぐらいまで真面目に勉強していませんでした。あまり書くと先生に怒られそうですが、宿題を忘れたり、授業を真面目に聞いていなかったりすることもありました。


 でも、3学期期末テスト対策で、「もうすぐ3年生だし、塾でもらったプリントをちゃんとやってみよう」と思い立ち、やってみると不思議なくらい点数が上がり、勉強が面白くなりました。

 ちょうどその頃、部活の先輩が奈高に合格したという話を聞いて、「奈高で一緒に剣道がしたい」と思い、奈高を目標に勉強しました。

 

 それから成績が伸び続け、何の挫折も味わうことなく合格、というわけではありません。
 
 夏の合宿では数学が全く分からず、得意だと思っていた理科でさえ苦手が見つかり、両方とも克服するのに時間がかかりました。理科の苦手は、サボっていた1年の頃に習った範囲でした。あの時のツケがここに回ってきたか、と今更ながらすごく後悔しました。


 また、私立受験前に受験校の数学の過去問でひどい点数を取り続け、落ち込むと同時に「いい点を取らなきゃ」という焦りが生まれ、でもさらに点数は下がり...という「負のスパイラル」に陥り、先生に話を聞いてもらったり、泣いたりすることもありました。でも、そんな辛いことがあったからこそ、今の自分があると思っています。
 
 上の文を読んだら"受験なんて嫌なことしかない"と思うかもしれません。でも、そんなことは絶対にありません。塾で勉強するうちに初めはよそよそしかった他中の子とも仲良くなり、今でも仲良くしています。受験までの半年ぐらいの間、しんどかったけど、先生や友達と一緒に過ごす時間は本当に本当に楽しかったです。こんなに素敵な先生や友達と出会えて、カンセミ生で本当に良かったです。

 最後に、声を大にして言います!  カンセミ大好き!!