大阪・奈良の中学受験・高校受験・大学受験の進学塾 成績向上、実力養成、志望校合格へ生徒個人のニーズに応じた指導体制

合格体験記

後輩へ―。カンセミでの勉強を精一杯楽しんで、頑張ってください。

古澤 礼佳 さん(富雄南中卒)

古澤さん.jpg

 

奈良高入学

帝塚山高(女子英数)合格

大阪女学院高(普通科理系)合格

 

 

  

 

 私は、この春、ずっと憧れていた奈良高校に合格しました。

 

 ただ、私がそのためにずっと勉強していたかといえば、そうでもなくて、中学のときは定期テスト前しか勉強せず、勉強ははっきり言って嫌いでした。正直、塾での勉強もそれほど楽しいとは感じていませんでした。

 

 しかし、ずっとそんなふうに、勉強を軽く考えていた私にも、中3――受験の年がやってきました。
中3になってから、私は愕然としました。今まで、そこそことれていたはずの成績がとれなくなってきていたのです。点数はそのまま下がりだし、「あ、このままじゃ、やばいな」と思ったころには、もう遅かったようです。

  
 夏合宿では、苦手科目の数学が足を引っ張ってしまい、最終テストで、私は不合格でした。周りの人が喜ぶ中、自分の番号だけがない。本当に、今までにないくらい、ショックでした。急に、目標だった奈高が遠のいたような感覚でした。しかし、私が本気で受験や自分の苦手科目と向き合うようになったのは、そのショックがあってこそだと思います。  
 

 合宿後、私は、今までテスト前以外滅多に使うことのなかった自習室で、とにかく時間があるだけ勉強するようになりました。先生に質問したり、ひたすら問題集を解きまくったり――。

 

 ずっと苦手で出来なかった図形の問題が自力で解けたとき。そのときはじめて、今まで嫌いで面倒なものでしかなかった勉強が、楽しいと思えるようになりました。勉強が楽しくなれば、塾も自然と楽しくなります。Sクラスの授業中、ふざけつつもやる時はやる!という空気が私は大好きでした。受験前日、3回ともやった恒例の掛け声、今でも耳に残っています。

 

 ついに迎えた公立高校受験。今年度は奈高の倍率が高く、私は一か八かで挑戦しました。

 

 なんとか合格は出来たものの、テスト結果はというと、正直、とても悪かったです。特に、夏にあれだけやった数学は、当日緊張して、全然成果が出せず終いで――。
 

 それでも、最後まで諦めずに努力し、憧れの高校に合格に合格できたということ。苦手なものも正面から向き合えば、とことん楽しめるということ。これらは、私の自信に繋がりました。

 

 最後に、今奈高を目指している後輩へ。どうぞカンセミでの勉強を精一杯楽しんで、頑張ってください。私は、カンセミで、一緒に頑張れる、良い先生と良い仲間に巡り会えました。ぜひとも先生を信じて、仲間と切磋琢磨して、春には仲間と共に奈良高校の校門をくぐってください。


 カンセミで勉強できて、本当に良かったです。先生方、お世話になりました。ありがとうございました!